できるだけ安く割り切りをする時に大切なこと

気軽に会って手軽にエッチができる方法として、援交の出会いはとても重宝しますよね。ですが援交では、お小遣いとしてお金をあげる必要がある場合がほとんどです。
そこで今回は「できるだけ安く援交をする時に大切なこと」についてお話したいと思います。

援交の相場を知る

高級外車を1,000円で売ってくれなんて言っても変な人だと一掃されてしまいます。安さというのは相対的なものですので、相場を知ってから値引き交渉をすることが大切になります。
援交の相場はだいたい2万円前後になっていますが、相手の女性の年齢や援交をする場所によっても異なります。一般的には都会で若い人の方が高額な場合が多いです。

値切り方を変える

2万円と提示してきた女性に対して「1.5万円にまけてくれ」と頼むのは難しいです。ですが「高級なお寿司をごちそうするから1万円にして」と頼む場合だとOKしてもらえる場合が多いです。お寿司で5千円かかって合計1.5万円だとしてもOKしてもらえるんです。
そういった具合に、ご馳走したりプレゼントするから安くしてと+αをつける値切り方はとても有効です。特に食事なら食べる間に一緒に過ごす事ができますし、楽しめる時間が増えるのでおすすめです。

値切り過ぎは注意

援交はあくまで両者の合意があって、女性の気持ちに対してのお礼としてお小遣いをあげるということです。ですので、女性側は仕事ではないので質が一定とは限りません。そして仕事ではないので質が悪いからといって文句をいうことも非常に難しいです。
そういった事もあり、値切り過ぎると女の子がやる気をなくしてしまう可能性もあるので、適度に交渉してダメなら値切りを諦めるか他の人を探す方が良いです。

良い援交とは何か

良い援交はどういうものかというと、それがセフレの関係になります。女性からしてみたら、好きな男性に抱かれてお金までもらえるという状況になるからです。セックスが目的なら女性側のサービスの質が落ちる可能性もなくなります。

最初は援交で知り合った場合でも『お金で繋がる割り切った関係』から『体で繋がる割り切った関係』に発展する可能性は非常に高いです。ですので、もし援交をする場合は今後に繋がるように優しく紳士的に女性に接してあげることがとても大切です。